オーナーへメッセージ

2014年05月03日

X3 MAGNIFIER

ゴールデンウィーク真っ盛りですね。自分の職場は平常運転です(T_T)

さて5/6(火)の振替休日に、戸田のエアガンシューティングレンジBlue TargetさんでシューティングマッチPlate Masters Championship2014 第3戦が行われる訳ですが、広〜いブルタゲさんのスペースを活かして、ライフルを使ったサイドマッチ“PMC-R”も同時開催だそうです。

石井 健夫さんプロデュースで今回初の試みらしいですが、ハンドガンでは4→5→6→7mと下がっていく所を、ライフル版では4→8→12→16mでエリートオペレーターズの6cm4枚を含む的を撃つみたいですね。


サバゲではだいたい20mくらいを基準に人間を狙う訳ですが、16mから最小6cmのプレートをシリアスに狙うってやった事ない。

んで、こりゃスコープいるんじゃねぇかと思いまして、4mの近距離も考慮に入れ、昔から憧れつつも保留にしていた“X3 MAGNIFIER”を衝動買いしちゃいました。

スプリングのテンションでスイングアウトするのではなく、ロック式。


なるだけ軽くしたかったので、ノーベルアームズのT-1とセットで購入。後で気付いたらX-3はホロサイト用の高さだって(^^;;

と言うわけでダットサイトとブースターの中心線がズレてます(-。-;…が、このX-3、ブースターのクセにヴィンテージ、エレベーションアジャストが可能。グリグリいじるとなんとかダットを視界のセンターに持っていけます。

ノーベルアームズは、リーズナブルな光学機器の中ではクオリティが高いと定評がありますよね。T-1、X-3共に、レンズもダットもなかなかクリアで見やすいな。

昔からの憧れ、タンデム搭載で果たしてPMC-Rはどこまでプレートを倒せるのか?

とりあえず早速ブルタゲさんのレンジで試射してきたいと思います!(^-^)


てな訳で仕事上がりに二時間、ほぼひたすらPMC-R練習してきたわけですが(笑)

一言、ムズかしかったです。

16mの6cmプレートって、遠いね〜(-。-;

40枚いったらいいほうかな。

とにかく当日は楽しみたいと思います〜

メインのハンドガンマッチが疎かにならぬよう(笑)



同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
33rd Japan Steel Challenge  Chapter:4
33rd Japan Steel Challenge  Chapter:3
33rd Japan Steel Challenge Chapter:2
33rd Japan Steel Challenge   Chapter:1
2017 Shootgraphy 〜Chapter2
2017 Shootgraphy 〜Chapter1
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:4 (2018-09-15 11:13)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:3 (2018-09-06 00:40)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:2 (2018-09-05 05:21)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:1 (2018-09-04 05:20)
 2017 Shootgraphy 〜Chapter2 (2017-11-28 23:21)
 2017 Shootgraphy 〜Chapter1 (2017-11-28 01:08)
この記事へのコメント
このマグニファイ野郎がッ❗️
羨ましいなぁー!
タンデム搭載って、もうなんか戦闘機の世界
だよね!
俺は、目に掛けてるマグニファイでダットのぞいて
頑張るけどね!
このメガネね
作った時にシューティング意識し過ぎて
遠くはすげ〜良く見えるから!
でも近くは見難い(爆笑)

今夜ブルタゲ決戦だぜ!
Posted by Andy 1Andy 1 at 2014年05月03日 11:59
アニキコメ早っ(笑)

てかアニキくらいしかカキコしてくんないけどいつもありがとうございます(笑)

まぁ買ったはいいけど、PMC-Rくらいしか今んとこ使い道なさそうだな(^^;;

お互いPMC本戦もサイドマッチも頑張りましょう〜(^o^)/
Posted by suepuriosuepurio at 2014年05月03日 12:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。