オーナーへメッセージ

2018年09月15日

33rd Japan Steel Challenge Chapter:4

ちょっと間があいてしまいましたが
「33rd Japan
Steel Challenge」

第4章。


本戦も半分を消化し、残り後半4ステージ。

ROとサポートにはお弁当が出るのだけど、
Bスクワッド次のステージは横っ飛びの
OuterLimits


ただでさえドタドタ走りと言われるワタクシ
(脳内イメージでは軽やかなつもり)
満腹でウップとなるのを避けて、空き時間にも
あえて何も食べませんでした(笑)

その甲斐もなくクリーン無しの9.35秒
(ステージランク38位)

久しぶりにお会いした我が心の師
石井健夫さんのアウターリミッツは
無駄なくスムーズで軽やかな動き。






スリムは正義。
我もダイエットせねば…(T_T)

次!つぎ!

左右2つのBOXから2回ずつ計4回撃つ
トリッキーなステージ
ShowDown

ここもイマイチ7.40秒(ステージランク20位)
6秒台にねじ込みたかったけど自分の精度が悪く
及ばず。

ここでのナイスアタックを魅せてくれたのは
我が皇帝カイザー。


練習どおりのアグレッシブなシュートで
6.71秒、ステージランク7位はスクワッド
TOPタイムでした。

いよいよ残すは2ステージ。踏ん張り所の
峠越え、Speed Option

Team TARGET-1のNiceguy コダマさん

Team TARGET-1のフレッシュシューター
まゆこ姫


去年末に初めてお店にご来店。
シューティングに興味を持ってくれて、
5月のUNLIMITEDにノーマルガンで初出場。


JSCにはG34オープンガンで挑戦。
授業参観に来た保護者みたいな気持ちで
ドキドキしながら後ろから見てたけど、
初参加らしからぬ落ち着いた射撃で
難しいスピードオプションをしっかり
決めてました。頑張った! お疲れ様!

そしてワタクシ、ここで決めなければ
おそらく80秒オーバー。
ペンデュラムの時同様、全部一撃で、
特に8cmプレートを絶対殺すマンと化して
日常ではありえない程集中。

1st RUN、右から2枚目ROスハラさんから「今の中った?」と物言いが。

自分でも怪しいと感じてましたが、もう
ヒット判定はROにおまかせ。+3秒なら
素直に従います。


とにかく動じず焦らず振り向かず集中を持続。
残り4回クリーン決めて10.08秒
(ステージランク5位)

これは難所を乗り切った感。残るはハマれば
天国、コケれば地獄の高速コーナー
RoundAbout


撃つ前にお店の仲間、タッキーと談笑。
「僕焦らずしっかりセルフコントロールして
9秒台いけました!スエさんも落ち着いて
撃てば絶対行けますよ!上手くいく
念を送りますね!」…と、ガシッと握手して
くれました(^^)



閉会式、賞品でなんか良さげな高額パーツを
GETしてホクホク(笑)そして
急成長のタッキー、今年は82.29秒 27位で
見事来年の優先権獲得です。おめでとう!

…てな具合でタッキーの念を受けて
臨んだラストステージ。
1st RUNは気合いが空回りで
奥の12.5cmプレート2枚外し
止まれない、いきなりの+6秒ペナルティー
(爆)

誰にも頼まれてないのにいきなり全装甲を
パージして、一撃喰らえば大破する
勝手に背水の陣モードに。

でも今年は慌てない、焦らない。
僕はやれば出来る子!

僕の撃ち順はスクワッドラストなので、
早めに終わった隣のAスクワッドが移動してきて
なんだか後ろに人がたくさんいる気配。
別に僕を見物してる訳じゃないんだけど、
後ろを振り返ったら石にされる!…と
日常生活レベルではあり得ない程
5枚のプレートに集中。


残り4ストリングはクリーンで決めて
9.46秒 (ステージランク13位…あんま速くない 笑)

途中、自分ではタイムを全く計算しませんでしたが
なんとなく80は切れたかな…という感触。

結果、6回目のJSCは78.18秒 完走146人中
11位で自分史上最高位で終える事が出来ました。

早朝から夕方まで長丁場のJSC、全ステージ
無事に撃ち終えたシューターとスクワッドROやサポートは、お互い感謝とお疲れ様の
意を込めて握手。シューティングマッチで
僕が一番好きなシーンです。






…もう大分冗長になってきたので、
次回エピローグで締めたいと思います(^^;;
続く!