オーナーへメッセージ

2016年07月20日

JAPAN STEEL CHALLENGE 2016〜最終章

「第31回 ジャパンスティールチャレンジ」
参戦記…


すいませんね。思い入れのある大会なんで
毎年ついつい長くなっちゃいます。

今回はずっとメインで使ってきた初号機ではなく、
アンリミテッドから引き続き2号機を酷使してきました。


両方ともG26アドヴァンスをベースに
アサルトフレームに換装、


GunsModifyのアルミブリーチと、タイプの違うカスタムトリガー、

初号機にはTNパーフェクトバレル、
2号機にはノンホップバレル「はみけつ」が入ってます。


ハンマーメカ系は全てノーマル。

初号機にはパチ、2号機には実の
C-MORE搭載。




内部はほぼ同じセッティングのはずなのに、
何故か初号機の方が快調作動。

2号機はもともと動きがマイルドでキリッとしなかったんですが、
何故か大会前はコッチの方が良いタイム出てました。

C-MOREの横置きはレンズとバレルラインが近くて、
より直感的に狙えるからかも。

T.Ishii塾長製作のWE-Techベース
40連樹脂マガジンもタイムアップに大貢献。

メッチャ軽量&1ステージを給弾なしで撃ち切る多弾数です。

しかしアンリミテッド練習からの
休みなしJSC練で酷使が祟って
2号機本体はアッチコッチが次々と破損。

パーツ交換したものの何故かブローバック不調。

色々探った結果、嵌合が悪くなり
気密がとれてない事が判明。

マガジンはリップ付近にカットの入ったGen4タイプの形状ですが、
まんまだとガタが大きくホールドオープンしない事も。

JSCはガンチェックでホールドオープンしないと失格ですからね。

過去には全て撃ち終えていいタイムだったにも関わらず、
ホールドオープンしないが為に失格になった方も。

今回もCスクワッド、1人の選手のガンが
微妙なバランスの狂いでなかなか
ホールドオープンせず、
なんとか完走してもらおうと
オイルを挿したり、皆で協力して最後には
しっかり作動させるという
ちょっとウルッとくる場面もありました。


一時はDQを覚悟したものの、ROスハラさんの協力でスライドストップが作動するようになり
無事ガンチェックをパスしたその選手は、
その後ミスを恐れぬ攻めの射撃を貫き
見事自己最高位、トップ20入りを果たしたのです。

心からおめでとう。
来年は勝ちたい〜(^^;;



Cスクワッド メインRO スハラさんと
RO オガサワラさん。
お世話になりました。


Cスクワッド ROサポート トミダさんとオオタさん。
ありがとうございました。



…話は戻りますが、ワタシは大会一週間に、切った貼ったの小学生並みの工作で
なんとか撃ててホールドオープンする
状態にチカラ技で持っていきました(^^;;

気密を取るためにマガジンのガタを一切無くした影響で、
40発フル装弾すると、ローディングノズルが
圧迫されてスライドが動かない( ;´Д`)

なので本戦はホールドオープン状態から
少なめに装弾したマガジンをロードして、
スライドを閉じるオペレーションを強いられました。



ワタシの勤め先に練習しに来ていただいた
noborinさんとモウリさん。
押しも押されぬベテランシューターさんですね。


40連、途中給弾なしで1ステージ撃つクセがついていたので、
意識して4ストリング目に残弾確認するようにしてたのですが、
何故かRound Aboutの時だけ入れ込みすぎてリロードを忘れ
+3秒を残して最後に弾切れMAX30秒という
マヌケすぎる結果に。

…シューティングマッチはたいがい練習より
本番の結果が良い事はまずないので、
「あの時のアレが無ければ…」
「あの時ツマラないミスしてなきゃ…」

と、ついついタラレバを考えがちですよね。

でも4年もやってると、ポカも大コケも、
ガンのメンテも全てまるっと含めての
実力。

今の精一杯の自分が、数字でしっかり
刻まれるという事を学習しました(T_T)

自分も過去最高位、トップ30入りは叶ったものの、
正直悔しさ8割、やるだけやった感2割というところ。

燃え尽き症候群は微塵も感じず(笑)
すぐにでも来年に向けての練習をやりたい衝動(シューティングジャンキー)

今年はシューティングレンジのスタッフとなった事で、
色々なシューターの皆さんを
お客様としてお迎えする事ができ
より多くの事を学ばせていただきました。

こちらも不動のトップ組、ナリタさんと
京都のスピードスター、ぷっちょさん。

それぞれ4位と19位!

有志の方々の情熱によって成り立っている
大変なマッチ運営に少しでも協力出来たらと、
2年続けたROサポートから、今年は
拙いながらもROとしてお手伝いも出来ました。

今年も優勝はこのお方。
マック”king”堺さん。

マックさんの”Round About”には
十重二十重の人だかりが出来てました。

どんだけ強いんでしょうか。


大会運営の方々、参加された全ての皆さん、
お疲れ様でした。

ありがとうございました。


大好きなジャパンスティールチャレンジ。

また来年もきっとこのステージに立って
悔しい思いをしたいと思います(笑)

チーム タゲわんの皆さん。
いい顔してる! お疲れ様でしたm(_ _)m

…とりとめがなくなっちゃいましたね(^^;;

読んでいただきありがとうございました。


〜おわり〜



P.S…九州は熊本から毎年参戦されている
ベテラン、ニシダさん。


「がんばろう熊本」ステッカーをいただきました。


ありがとうございました。
まだまだ大変だと思いますが、がまだせ熊本。









同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事画像
33rd Japan Steel Challenge  Chapter:4
33rd Japan Steel Challenge  Chapter:3
33rd Japan Steel Challenge Chapter:2
33rd Japan Steel Challenge   Chapter:1
2017 Shootgraphy 〜Chapter2
2017 Shootgraphy 〜Chapter1
同じカテゴリー(エアガンシューティング)の記事
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:4 (2018-09-15 11:13)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:3 (2018-09-06 00:40)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:2 (2018-09-05 05:21)
 33rd Japan Steel Challenge Chapter:1 (2018-09-04 05:20)
 2017 Shootgraphy 〜Chapter2 (2017-11-28 23:21)
 2017 Shootgraphy 〜Chapter1 (2017-11-28 01:08)
この記事へのコメント
JSCお疲れさまでした
初ROしながらの一日でしたが、しっかり楽しめたようなので来年もRO頑張って下さい(^^ゞ

JSC一ヶ月前からタゲワンでマトメ練習していて良かったです
これからもあれこれ撃ちに行きますので、また遊んで下さいm(__)m
Posted by T兄T兄 at 2016年07月21日 02:46
T兄さんさん。

毎年のROご苦労様です。
選手としても今年は素晴らしいタイムでしたね(^^)
お店がお役に立てたなら幸いです。
また色々ご一緒したいですね。
Posted by suepuriosuepurio at 2016年07月21日 10:19
こちらでははじめましてになります。
ニシダです。
当日はROお疲れ様でした。
あまりお話出来ませんでしたが、またお会いする機会を楽しみにしております!
Posted by gunsight(ニシダ) at 2016年07月21日 19:52
ニシダさん、選手とお店お疲れ様でしたm(_ _)m

自分も熊本出身なので、何かしら応援していけたらと思います。

またご一緒出来たらよろしくお願いします!
Posted by suepuriosuepurio at 2016年07月21日 22:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。